トップページ献血をしよう > ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤について

献血をしよう

ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤について

過去にヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤の注射剤を使用されたことのある方からは、当面の間献血をご遠慮いただくこととなりました。

 以下のヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤の注射薬は、日本で承認されている医療用の医薬品で、肝臓病・更年期障害等に使用されていますが、美容形成(シミ・シワ・ニキビ等)にも一部使われていることも知られています。
 プラセンタの注射薬の使用と関連したvCJDの発生は報告されていませんが、vCJDという病気について解明されていないことが多く、また、現在の科学的な検査では輸血時に検査ができません。
 そこで、プラセンタの注射薬も、理論上のリスクが否定できないため、vCJDの感染の恐れがないとは言えないことから、vCJDの感染リスクをできる限り少なくするために、日本赤十字社では、献血時に慎重な予防的対応を行うこととしました。
 つきましては、輸血を受ける患者さんのために平成18年10月10日より、過去にプラセンタの注射薬を使用したことがある方からの献血を、当面ご遠慮いただくことになりましたので、ご理解とご協力をお願いいたします。

以下の注射薬を使用された方は献血をご遠慮ください。

以下の注射薬でなくても「プラセンタ」注射薬を使ったことに心当たりのある方はご相談ください。

  • 1.名称 : メルスモン(注射薬)

    効能・効果更年期障害・乳汁分泌不全

  • 2.名称 : ラエンネック(注射薬)

    効能・効果慢性疾患における肝機能の改善

はじめての献血  トップページへ

献血できるところ
献血場所やバスの運行状況を確認していただくことができます。

モバイルサイトのご案内

QRコード 献血場所のご案内や最新イベント情報、献血についての便利な情報を発信しています

けんけつE倶楽部
より安全で安定的な血液の確保を目的に、複数回ご協力いただけるクラブ会員を募集しています。

献血サポーター
献血実施を受け入れていただける事業所や団体を募集しています。

Copyright (C) 2010 Japanese Red Cross Osaka Blood Center All Rights Reserved.