トップページ > 献血のQ&A

献血のQ&A よくある質問

1.献血の際に病気に感染することはありませんか?
2.食事をとっていないと献血できないのですか?
3.カゼをひいているのですが、献血できますか?
4.歯医者に通院していると献血できませんか?
5.花粉症の薬を飲んでいますが献血できないのですか?
6.薬を服用していると献血できませんか?
7.糖尿病ですが、献血はできますか。
8.ピアスをしていると献血できませんか?
9.ピアスをあけて3年くらい経っているのに献血ができないと言われましたが?
10.タトゥー(いれずみ)、アートメイクを入れたのですが献血できますか?
11.過去に輸血を受けた人は献血できないのですか?
12.美容形成手術を受けたことがありますが献血できますか?
13.プラセンタ製剤を注射した人が献血できないのはなぜですか?
14.湿疹や傷があると献血できないのですか?
15.インフルエンザ(その他)の予防接種をしていますが献血はできますか?
16.妊娠中でも献血できますか?
17.現在、低用量ピルを服用中です。ピルを服用している人でも献血はできるのですか?
18.海外旅行から帰ったばかりですが献血できますか?
19.1980年~1996年の間にイギリスの滞在歴があるのですが、今後絶対に献血はできないのでしょうか?
20.献血の際の検査で病気がわかりますか?
21.献血をすればエイズ検査の結果もわかりますか?
22.血色素量が低いと献血できないのはなぜですか?
1.献血の際に病気に感染することはありませんか?
献血に使用する採血針、採血キット、採血バッグは、すべて滅菌済のものであり、使い捨てですので、献血にご協力いただくことで、細菌やウイルスなどに感染することはありません。
2.食事をとっていないと献血できないのですか?
二食続けて食事を抜かれた場合や極度に空腹の状態にある場合は、献血者の安全のためにお断りすることもあります。
空腹や脱水の状態で献血をすると、めまいや気分不良などの副作用が起こり易くなります。これらを予防するために採血の前には十分に水分を摂ることをお願いします。
3.カゼをひいているのですが、献血できますか?
献血していただく方の健康に配慮して、献血にご協力いただけるかどうかを医師が判断させていただきます。風邪薬を服用している場合はご遠慮いただいていますが、服薬されていない場合は当日の体調を見ての判断になります。
ただし、体調が悪い場合は献血をして副作用が発生する恐れもありますので、風邪をひいていることを医師にお伝えください。
4.歯医者に通院していると献血できませんか?
口腔内常在菌が血液中に移行する可能性があるため、歯石除去を含む出血を伴う歯科治療を受けた場合は、治療後3日間は献血をご遠慮いただいています。
また、当日の状態により医師の判断でご遠慮いただく期間が延長される場合もあります。
5.花粉症の薬を飲んでいますが献血できないのですか?
治療中であればその程度によって、また献血に差し支えが出るような強い症状の場合は献血をご遠慮いただいております。
症状が軽い場合は花粉症の薬を飲んでいても多くの場合は献血にご協力いただけます。
→献血いただく前にご確認ください
6.薬を服用していると献血できませんか?
疾病の種類や薬の種類によって献血をご遠慮いただくことがあります。しかし、ビタミン剤やごく一般的な胃腸薬等の場合には、服用していてもおおむね支障はありませんが医師にご相談ください。
医師による処方が必要な薬を服用している場合は、献血にご協力いただく方ご自身の健康を考慮し、献血をご遠慮いただくことがあります。
また、外用薬やその他についても、医師の判断により献血をご遠慮いただく場合がありますので、詳しくは「献血いただく前にご確認ください」をご覧ください。
→献血いただく前にご確認ください
7.糖尿病ですが、献血はできますか?
糖尿病の方でもインシュリンや薬物投与を受けておらず、食事療法のみ行っておられ、合併症(網膜症、腎症、神経症)がなければ、献血にご協力いただけます。
8.ピアスをしていると献血できませんか?
他の方と器具(ピアッサー等)を共用せずにあけた場合、局所に炎症がなければ、1カ月後から献血にご協力いただけます。
ただし、器具を共用して穴をあけた場合は微かに付いた血液を介してエイズウイルス、B型およびC型肝炎などのウイルスが感染している可能性を考慮して、ウイルス感染の有無が確実に検査できるまでの6カ月間は献血をご遠慮いただいています。
9.ピアスをあけて3年くらい経っているのに献血ができないと言われましたが?
粘膜を貫通する形(口腔、鼻腔、舌など)でピアスを使用中の場合は、細菌感染の恐れがあるため、献血はご遠慮いただいています。
10.タトゥー(いれずみ)、アートメイクを入れたのですが献血できますか?
タトゥーや刺青の類を入れた場合は少なくとも6ヶ月間はご遠慮いただいております。それ以降は医師の判断によりご協力をお願いしています。
11.過去に輸血を受けた人は献血できないのですか?
輸血を受けたことのある方は、献血をご遠慮いただいています。
これは、輸血によって、現在の検査方法では検出できないウイルスや未知のウイルスの感染が起こった可能性を考えての制限です。あくまでも、輸血を受ける患者さんの安全を最優先しての制限であり、輸血歴のある方が、現在何らかのウイルスに感染しているとか、病気であるということではありません。
12.美容形成手術を受けたことがありますが献血できますか?
ヒト胎盤(プラセンタ)由来の注射剤を投与された場合は、献血をご遠慮いただいています。投与の有無と薬剤名をご確認ください。ごく最近手術を受けられた場合は、手術の種類や時期によって献血をお断りする場合があります。
→ヒト胎盤由来製剤について
13.プラセンタ製剤を注射した人が献血できないのはなぜですか?
これまでヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射薬の使用により、vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)の感染事例は報告されていません。しかし、ヒト由来の臓器から製造されており、念のための措置として献血をご遠慮いただいています。
また、現段階での対象は注射薬のみとなり、健康食品(サプリメント・ドリンク剤)、化粧品、内服薬等は含みません。詳しくは「ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤について」をご覧ください。
→ヒト胎盤由来製剤について
14.湿疹や傷があると献血できないのですか?
採血部位(肘)に湿疹がある場合は、献血をご遠慮いただいています。湿疹に限らず、採血部位に何らかの皮膚病変がある場合にも同様です。採血部位以外の場所に、皮膚疾患や生傷などがある場合にもご遠慮いただく場合があります。
湿疹、傷がある場合は、医師にお申し出下さい。
15.インフルエンザ(その他)の予防接種をしていますが献血はできますか?
接種後、24時間以上経過して特に症状(接種部の腫れや発熱などのワクチンによる副作用)がなければご協力いただけます。
予防接種は種類により接種後の期間が異なります。不明な点は問診の際、医師にお問い合わせ下さい。
16.妊娠中でも献血できますか?
献血にご協力いただく方の健康を保護するため、妊娠中、または出産・中絶・流産後6カ月間は、ご遠慮いただいています。
また6カ月以上経っていても、出産後1年以内で授乳中の方も同様にご遠慮いただいています。
17.現在、低用量ピルを服用中です。ピルを服用している人でも献血はできるのですか?
低用量ピルについては、服用していても献血にご協力いただくことが可能です。体調に問題なければ、ご協力をお願いします。
18.海外旅行から帰ったばかりですが献血できますか?
海外からの帰国日(入国日)当日から4週間以内の方の献血は、ご遠慮いただいています(国や地域によってはご遠慮いただく期間は必ずしもこの限りではありません)。
これは、輸血によって感染する恐れのある疾患(ウイルス感染症等)によるリスクを軽減するためであり、詳しくは問診の際、医師にお申し出ください。
→献血をご遠慮いただく場合 
19.1980年~1996年の間にイギリスの滞在歴があるのですが、今後絶対に献血はできないのでしょうか?
英国を中心に発生しているvCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)については、輸血による伝播に関して未知の部分が多い一方、牛海綿状脳症(BSE)との関連も強く指摘されていることから、安全が確認されるまでの間、一定期間の滞在歴がある方は、献血をご遠慮いただいています。
詳しくは「献血をご遠慮いただく場合」をご覧ください。
→献血をご遠慮いただく場合 
20.献血の際の検査で病気がわかりますか?
献血申込書の記入時にB型肝炎、C型肝炎、梅毒、HTLV-1抗体の検査結果を希望された方は、異常を認めた場合にのみお知らせします。
また、生化学検査成績、血球計数検査についても希望者にお知らせしています。しかし、各種ウイルスには検出不可能な期間(ウィンドウ・ピリオド)があることから、これら検査結果を知ることを目的とした献血は固くお断りします。
21.献血をすればエイズ検査の結果もわかりますか?
輸血用の血液として患者さんにお届けするために、献血された血液に対しては非常に厳格な検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。検査を目的とした献血は固くお断りしています。エイズ検査は保健所などで無料、匿名で行われていますので下記でご確認ください。大阪府エイズ・HIV情報  http://www.pref.osaka.jp/chikikansen/aids/jouhou.html#pan8 
22.血色素量が低いと献血できないのはなぜですか?
血色素とは赤血球中の鉄を含む赤いタンパクで酸素を運ぶものです。日本人の場合、血色素量の基準値は、男性の場合12.7~17.0g/dL、女性の場合11.0~14.8g/dLとされています。
献血される場合には、献血される方の健康に支障を及ぼさないよう国の法規により献血方法ごとに基準が定められており、この基準は先程の正常範囲に比べ、少し厳しい値となっています。
男女とも血色素量は疲労や睡眠不足など、その日の体調などにより変動することがありますが、特に女性は健康な方でも生理などの影響もあり、血色素量が少なくて献血できない方が男性よりも多くなります。
献血の際の検査で1~2回続けて血色素量が少なかったといって必ずしも貧血とは言えませんが、いつも血色素量が少ない場合には無自覚の貧血症などが隠されていることもありますので、詳しい検査のできる病院でのご相談をお勧めします。
→献血基準 
モバイルサイトのご案内

QRコード 献血場所のご案内や最新イベント情報、献血についての便利な情報を発信しています

けんけつE倶楽部
より安全で安定的な血液の確保を目的に、複数回ご協力いただけるクラブ会員を募集しています。

献血サポーター
献血実施を受け入れていただける事業所や団体を募集しています。

Copyright (C) 2010 Japanese Red Cross Osaka Blood Center All Rights Reserved.